ウガンダ39日目 9/23 (晴れ)

ウガンダダイアリー


 今日は、孤児院最後の日の可能性があったので6時くらいに起き、朝日の写真を撮りに行った。1 人で電波塔まで行った。太陽が山の中から出て来るのは感動したし綺麗だった。雲海とのコラボレーションでさらに壮大に見えた。30〜40 分くらい見とれていたと思う。田舎での生活を憧れている時もあったが、このような朝日や先日のような夕 日、昨夜のような星空を憧れていたのだろう。KCV に帰ってからは、 学校に行く女の子 3 人組とHIVの男の子を見送り写真を撮った。もしかしたら、最後になるかもしれないという気持ちを込めて。今日の一日は、 いつ迎えに来るかわからないまま過ごしていた。どこかに行くわけで もなく、孤児院で何かをするわけでもなく時間を過ごした。朝 8 時から夜 20 時までずっと赤ちゃんのそばにいた。それだけ、赤ちゃんのことが愛おしいのだろう。夜は9時くらいに一旦寝てしまった。起きてみると電気が消されていたので、子供たちが消してくれたのだろう。子供たちありがとう。そのまま、コンタクトを外し朝まで寝てしまった。蚊帳の中に寝ているのに、閉めないで寝てしまったのでまるで蚊帳の外だ。というか、結局迎えに来ないんかーい。っていうのと mother いつ帰って来るんかーい。

 

今日のインスタグラム

 

https://www.instagram.com/p/B2xyHnVHy_wk9jkvwE3jXcSg4kq3GLYmHK-0640/

孤児院から見る最後の朝日だと思って写真を撮ったのですが、スタッフが迎えに来なかったのでたぶん明日まで孤児院にいます。子供たちと遊べる時間が増えたので良しとします。3枚目は、ウガンダからも福浦の応援をしている赤ちゃんの様子です。最後の福浦選手ちょーかっこよかったです。

#生存確認