ウガンダ29日目 9/13(晴れ)

ウガンダダイアリー


 今日は、早めに起きたがお祈りには参加しなかった。起きてからは、いつものように子供達に巡回して挨拶した。その後は、子供達の水汲みに後追いしに行き、動画を撮った。帰って来てからは朝飯を食べ、特に 豆まきをするわけでもなく、子供達と戯れて時間が過ぎて行った。 Mother に夢を書いてもらった。Mother は、いつもは自分の機嫌を優先で生きているけど心の底では子供達のことを考えているらしい。自分 が頑張らなければ、子供達は幸せにはなれないと考えているようだ。その後は、暇になったのでせっかく準備したデッサン用?のスケッチブ ックと 8B の極太の鉛筆を用いて KCV の様子を描いた。建物だけで精一 杯で草とか木とかまでかく余力が残っていなかった。描いている途中 には、子供が数人来て何してるのー?っていう感じで来てくれた。子供達が来ている時には、さすがに描けなかったが。また、途中には女の子の1人がどっかに行くというのでついて行った。行った先は、どこの誰が 所有しているかはわからない畑だった。そこで、マトケを調理するとき用のバナナの葉を調達した。葉を切った後に、葉の茎の部分を切って処理してから持ち帰るのだが、その処理が難しかった。自分は、1個もまともにできなかった。帰って来てからは、少しデッサンの続きをしたが まともなのは完成しなかった。やはり、高校 1 年生の時ぶりの美術は難しい..。絵を描いているときは、ずっと日光に当たっていたので体が疲れたらしく夕方は、2時間くらい昼寝をしてしまった。起きてからは 再び水汲みに行き、帰って来てからは4歳児の食事の空間に一緒に滞在し、その後さっきの女の子が取って来てくれたシュガーコーンを子供達 とシェアしながら食べた。男の子の1人が水汲みから戻って来たときに、私が彼にここら辺で一番高い場所に行きたいと行ったら電波塔がある場所まで連れて行ってくれた。そこで、陽が沈むのを見た。アフリカの大地に沈んで行く太陽は、日本で見る太陽とはまた違ったように見え た。帰りに巨大な蟻塚とともに写真を撮ったり、ご近所のママさんと会ってヤギを結んである紐を解かされたり、3歳児の男の子が犬に囲まれて動けなくな っていたり面白く楽しい時間を過ごせた。夜は、赤ちゃんのそばにずっといて戯れていた。夜は、昼の残りのコメを犬とシェアしながら食べた。 さらにマトケを出してくれたが、もちろん全部食べられるわけなく1 割くらいはちゃんと食べ、残りはボーイズ軍団にあげて今日の晩御飯を乗り切った。ご飯の後は、風呂に入り 10 時過ぎにはこのレポートを書くことなく寝てしまった。ホットアイマスクとともに。

 

今日のインスタグラム

https://www.instagram.com/p/B2W_i8KnOGUOQ9Uh3GX3SaZUhRNUVkPi03AGro0/

今日で日本を出発してから4週間!あっという間に過ぎました~アフリカの大地に沈む太陽はなんか気持ちいいですね。ひさしぶりに全力で叫びました。アボカドデカイです。こどもたちは、毎日どっかからアボカドを取ってきて食べてます。毎日水汲みです。朝6時過ぎ、夕方6時頃に1往復に1時間程度かけて何往復かしてます。2,3歳くらいから水汲みを手伝うようです。道のりは坂道で結構辛い。途中には、牛の糞も落ちてるし笑

#生存確認

#質問待ってます。

#孤児院生活残り12日

#ウガンダ生活残り14日