ウガンダでの活動先について

私は、ウガンダの首都から離れたKiyumbakimuという地区の孤児院であるKiyumbakimu Children Village(KCV)という場所で活動した。以下にKCVについて書いて行く。

Kiyumbakimuの歴史

地元の共同体の必要性は、2005年の中頃にKCVによって設立されたNGO団体のUganda Volunteers for Peace(UVP) によって認識されていた。募金はすぐさま始められ、積立てが増えると、2006年から2007年の12月まで行われてた建設事業に有用に使われていた。2007年に12月に、Kiyumbakimuは、この村に最初に10人の子供を迎い入れ、最初のKCV familyを作ったのだ。

Kiyumbakimuのコミュニティー

ルワンダやコンゴ民主共和国からの難民が大多数を占めている。この地区は、ウガンダの中でもHIVの罹患率が高い地区の一つである。また、多くの家庭が近隣の孤児の世話をしていて、大きな家族として形成している。不幸なことに、教育基準は低い。高い教育基準をもつ学校は、大多数の家庭の支払える金額を上回っており、それゆえ多くの子供たちは初等教育を受けていないのだ。

貧困や教育の状態

KCVは教育を最も重要なこととして受け止め、責任を受け持っていると考えている。そのため、学費を払えない家族の子供達に教える場としてKCVを用いている。この村のすべての子供達は、現地の小学校に通い、そしてKCVは学費、制服、学習用具を提供している。

KCVの未来について

KCVの全てのこどもは、世界中の個人の援助で支えらえている。親元のNGO団体のUVPは、現在、スタッフの給料を負担している。また、食べ物、衣類、ヘルスケア、建物の建設や拡張といったほかのコストは、個人の寄付によってカバーしている。現在、Kiyumbakimuが直面している大きな任務の一つとして、信頼を保ち、これらの重要な出費を資金の維持をすることだ。KCVは、5年以内にそれぞれ10人の子供を新たに家族に向かい入れ、新しい家族を4つ作ることを目標としている。そのため、村の用具の出費が増えてしまう。KCVはこれらのことを満たす前に、家族部屋を増やし、子供をケアするためのこの村の運営スタッフを雇う必要がある。それゆえ、この拡張計画は、十分な資金の拡充に頼っているのだ。
KCVは、ウガンダのNGOに登録されているUVPによって運営され、International Cultural Youth Exchange(ICYE)連合のメンバーであり、European Commissionに加入している。現在、この村のスタッフは、四人であり、プロジェクトの管理者、寮母、料理人そして運営者で構成されている。彼らに加え、UVPを通して1年間で平均して2〜4名のボランティアが参加している。それぞれ、だいたい一年間参加し、教えること、寄付、運営を実行している。

以下に現在ネットに上がっているKCVの情報をまとめておく

http://ugandamarathon.com/wp-content/uploads/2015/09/Kiyumbakimu-children-Impact-Report.pdf

ICYEウガンダ

また、現在もここの孤児院で養鶏場プロジェクトをしている方の過去のクラウドファンディングのページとフェイスブックページのリンクも掲載する。

https://camp-fire.jp/projects/view/50752

フェイスブックページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です