保育士試験勉強day3~day10

保育士受験

保育士試験勉強day3~day10

とりあえず、テキストを回そうということです。

 

以下のテキストたちを一通り読んで、過去問も同時にやろうと思ったわけです。



とりあえず、テキストの上を回してユーキャンのこの過去問の寄せ集めを解き、もう一度テキストをぶん回すということをやりました。そして、下のテキストをぶん回すときに、分野において重複していることがわかりました。そのため、下はテキストだけを理解するというということに方針を切り替えました。

 

この3~10daysの勉強は、1日あたり2~4時間くらいテキスト理解と過去問演習に当てました。だいたい、1章の理解で1時間くらいですね。わからないところがあれば、逐一google先生に頼るか幼児教育の友人に質問して、理解に徹しました!

 

1周目終わって思ったことは、実習理論がえぐい。音楽理論がわかんない。アレ、ピアノナラッテイタノニナニモワカラナイ。母、叔母、祖母、従兄弟が音楽関係なのに‥

 

1周目の反省点

保育の心理学

発達過程、アタッチメントなど後々にも出てくるものの基本となります。あと、大学で学んだ心理学とかぶる点も多く学びやすかったなっていう印象です。大学で学んだ心理学のノートはnoteにまとめてあるので、公開希望があったら公開します笑

 

保育原理

歴史的側面が大きいです。原理なので、基本的には考える余地はなく丸暗記といった印象ですね。障害児保育などは後々にも出てくるので大切ですねん

子ども家庭福祉

社会福祉

まじで、暗記。テキストの後ろの保育所保育指針や児童福祉施設の設備と職員の基準とか覚えるよ。ここは、本当に倫理政経のセンター勉強みたい。赤いところを中心にテストで出てくるところをマーキング。そして、類似箇所を暗記することかな。社会福祉においては、”監護”がキーワードになってますね〜。ミスリードの単語は、”養護”かな。っていう感じで暗記していました〜。

 

はい、次はテキストの下!これは、3日間くらいでやりました。

教育原理

カタカナ多い、人物名多い。はい、ひたすら繰り返すのみ。

社会的養護

概要理解なので、まあなんとかなると思います。

子どもの保健

数字がキーポイントですね。病気系、発達障害が重要。自分の専門ってか、感染症は趣味なので元々知っていたことは多かったイメージです。

子どもの食と栄養

やばい、自分こんなに野菜食べてない。単糖、二糖、多糖久しぶり!新研究お久しぶり!って感じでした。記憶には残りやすいように理解したつもりです笑あとは、わりと母子手帳に乗ってるやつですね。理解はなんとかなるけど、暗記ができない‥

保育実習理論

はーい、地獄。何もわからない。音楽理論ワカンナイ。絵本の原画の表現技法を問う問題の絵本をもともと知らない。インターンでやったリトミックしかわかんないよーーーって感じ。来週からピアノ弾きながら勉強しようと思いました。この前、もらってきて本当によかった笑

今後の勉強指針

3月22日〜3月28日

ユーキャンのやつ2週回して、ノートにわかんないところメモかな。基本は、テキストに書き込む

3月29日〜4月2日

過去問2年分かな。あとは、基本的に平日に過去問回して土日に模試って感じで。そう考えると模試やるのは2回あればいいから、適当に大学で買います〜

あと3週間頑張ります