Day13~15

保育士受験

保育原理

3月25日

  • 1.避難及び消火に関する訓練は、少なくとも月一回
  • 3.児童の権利に関する条約第12条→児童の意見表明権
  • 4.豊田芙雄→東京女子師範学校/赤沢鍾美→新潟静修学校/橋詰良一→家なき幼稚園
  • 8.保育所は、児童福祉施設
  • 11.保育の目標→生命、自然及び社会の事象についての興味や関心を育て、それらに対する豊かな心情や思考力の芽生を養うこと。
  • 12.保育の計画及び評価→〜一人一人の子どもの発達過程や障害の状態を把握し、適切な環境の下で〜
  • 13.指導計画の展開→保育士等は、子どもの実態や子どもを取り巻く状況の変化などに即して保育の過程を記録するとともに~
  • 16.養護に関する基本的事項
    ・生命の保持→①快適に生活、②健康で安全、③生理的欲求、④健康増進
    ・情緒の安定→①安定感、②安心して、③主体として〜、肯定する気持ち、④心身の疲れ
  • 17.保育所保育指針→小学校においては、幼児期の終わりまでに育ってほしい姿を踏まえた指導
  • 19.職員の資質向上に関する基本的事項→職員一人一人の倫理観、人間性並びに保育所職員としての職務及び責任の理解と自覚
  • 21.市町村の支援を得て、地域の関係機関等と積極的な連携及び協働を図る
  • 25.小規模保育事業→利用定員が6<=x<=19
  • 教育原理

    3月25日

  • 4.恩物→フレーベル/世界で最初の幼稚園→フレーベル/シュタインに孤児院→ペスタロッチ
  • 6.ルソー→エミールで人間は教育によって作られる/デューイ→学校と社会で児童中心主義/キルパトリック→プロジェクトメゾット
  • 社養

    3月26日

  • 9.里親が行う養育に関する最低基準→委託児童の自主性を尊重し、基本的な生活習慣を確立するとともに、豊かな人間性及び社会性を養い、委託児童の自立を支援
  • 12.家庭支援専門相談員→乳児院、児童養護施設、児童心理治療院、児童自立支援施設への配置の義務
  • 13.第三者委員の活用や第三者評価の積極的な受審・活用
  •   

    自己評価→文章の読み込みが足りない

    子どもの家庭福祉

    3月29日

  • 1.児童の意見は、その児童の年齢及び成熟度に従って相応に考慮されるものとする
  • 3.児童福祉法→1947年、社会福祉法→1951年、児童扶養手当法→1961年、母子保健法→1965年、児童手当法→1971年
  • 4.児童福祉法→1947年、児童憲章→1951年、児童の権利に関する宣言→1959年、国際児童年→1979年、児童の権利に関する条約批准→1994年
  • 13.認定こども園→幼保連帯型、幼稚園型、保育所型、地方裁量型の4種類がある。
  • 19.里親の種類は、養育里親、専門里親、養子縁組を希望する里親、親族里親がある。
  • 20.〜要保護児童の適切な保護又は、要支援児童若しくは特定妊婦への適切な支援を図るため〜
  •   

    自己評価→暗記できない、やばい

    社会福祉

    3月29日

  • 6.生活保護の費用負担は、国が4分の3,都道府県、市、福祉事務所を設置する町村が4分の1である。
  • 12.福祉事務所は、都道府県及び市(特別区を含む)は、条例で設置しなければならないとされている。/
    婦人相談所は、売春防止法において、都道府県が設置しなければならないことが規定されている。
  • 18.福祉サービス利用援助事業は、契約の時点で契約の内容などが理解できることが条件である。
  •   

    自己評価→耐え

    保育の心理学

    3月29日

  • 2.5ヶ月になると目についたものはなんでも掴む。/10ヶ月で指を一本ずつ動かすことができる。
  • 5.象徴的思考期→直感的思考期→具体的思考期→形式的思考期
  • 7.人見知り→8ヶ月ごろ。
  • 8.エインズワース→ストレンジ・シチュエーション法
  • 12.ギャンググループは、学童期の終わり頃に生まれやすい
  • 14.パーソナリティの要素は、環境的要因と遺伝的要因の相互作用
  • 15.ヴィゴツキー→社会的関係=>内面化=>心的機能/ブロンフェンブレンナー→人間の発達と環境の関係を内側から
    、マイクロシステム→メゾシステム→エクソシステム→マクロシステムとした。
  • 17.アイデンティティステイタス→アイデンティティ達成、早期完了、アイデンティティ拡散、モラトリアムの4つに分類(マーシア)
  • 18.エリクソンの成人期の心理・社会的危機の後期→生殖性vs停滞
  •   

    自己評価→もう忘れてきてる。やばいよやばいよ

    子どもの保健

    3月29日

  • 3.周産期死亡率→{年間周産期死亡数/(年間出生数+年間の妊娠満22週以後の死産数)}×1000
  • 25.B型肝炎ワクチンは、生後2ヶ月に1回目で通常通り3回打つ
  •   

    自己評価→耐え

    子どもの食と栄養

    3月29日

  • 1.作るのが負担、大変は、現在子どもの食事で困っていることには入らない。
  • 3.食品に含まれる脂質の大部分は、中性脂肪である。
  • 4.中性脂肪は、膵リパーゼで分解された後、小腸で吸収される。
  • 5.緑黄色野菜には、カロテンが多く含まれる。
  • 6.ビタミンAの欠乏症→夜盲症/ビタミンB1の欠乏症→脚気/ビタミンDの欠乏症→くる病
  • 12.家族や仲間と一緒に食べる楽しさを味わう→幼児期
  • 14.ビタミンAを多くとることで、胎児の奇形発生率が高くなる.
  • 17.乳歯が生えそろうのは、3歳ごろ/永久歯の生え替わりは、6~7歳ごろから始まる。
  • 19.10~11歳の参照身長、体重ともに女性が上回っている。
  • 20.乳児期の食事摂取基準は、目安量/乳児の脂質の目安量は、他の年齢区分と比較して最大の割合となっている。/乳児期におけるエネルギー・栄養素は男女別に設定されている。
  • 21.健康な生活の基本として、「食を営む力」の育成に向け〜
  • 自己評価→本当に理科の偏差値70あったんかというくらい何も覚えてない

    保育実習理論

    3月29日

  • 1.意味わかんない
  • 5,6.わかんない. エンドウコウキしか勝たん
  • 7-12.意味わかんない
  • 23.児童養護施設において、主に児童の生活支援を担当するのは保育士や児童指導員である。
  • 25.統制された情緒的関与→自分の感情を理解しながら関与すること。
  • バイスティックの7原則ってなんだ?

      個別化の原則

    同じ問題は存在しない

      意図的な感情表現の原則

    利用者が感情を自由に表現

      統制された情緒関与の原則

    上記

      受容の原則

    とりま、受け入れる。肯定じゃないよ

      非審判的態度の原則
      自己決定の原則
      秘密保持の原則

    自己評価→音楽理論無理じゃね。なんもわかんねぇよ。