ウガンダ34日目 9/18 (晴れ→雨)

 今日は、昨日寝た時間の遅さにも関わらず7時前に起きた。Motherがいないと本当に子供達は元気だ。朝からうるさすぎて起きた。起きてからは、子供達に挨拶して回ってから部屋に戻りパンを食べた。そこから、昨日と同じように授業前の子供達にちょっかいしに行った。 そこからは、赤ちゃんと遊んだり、レポートを書いたり、子供達の課題 を見て回ったり(本当にただ見ただけ)、子供達の一斉の休憩時間の時には写真を撮りに行った。11時くらいからは、レポートをひたすら書いている。子供達に聞かなければならないガンダ語のことや子供達一 人一人の夢をまとめたり、写真をまとめたりするためだ。13時ごろからはスコールのように大雨が降って来て、また部屋がある建物も雨漏れしている。雨が止んだ後は、ご近所さんの家の水穴堀に行った。その際に、足が泥に埋もれてしまった。これが幸運の始まりだった。作業は、色々大変だったので疲れてしまった。KCV に帰って来て足を洗っている際に子供達がスナノミを発見してくれた。健康のままウガンダ生活を終えられるほど甘くなかった。女の子が針を用いてスナノミの卵を取ってくれた。足に激痛が走ったのは昨日か一昨日なので潜伏期間は最長で4日間だと考えられる。日本に帰ったら再び病院に行ってスナノミについて見てもらおうと考えている。ソーイングセットが思わぬところで役に立った。消毒のペーパーは持って来ていたのでなんとかなったが、次は消毒液を持って来るべきだなと感じた。なんか面白そうな記事のネタが増えた。スナノミに関して調べてまとめてみようと思う。そういえば、朝友人から連絡があって自分の学校に来たいなら 23 日に KCV を離れて 24 日に来ればって言ってくれた。せ っかくなので行こうと思うが mother が帰って来てないので相談できないのが残念だ。

 

今日のインスタグラム

https://www.instagram.com/p/B2k4cxLnlsaiSPFeSV1ZVmCmXtfXU1RgSywRuo0/

孤児院のなかでも3-7歳児の子供が英語や数学などの授業を受けてます。6歳児クラスの英語分かりませんでしたー。日本も3,4歳から英語の授業取り入れたらみんな話せるようになるのかな?授業間には、キャッサバの粉を溶いた飲み物をみんな飲みます。味はありません。スナノミが寄生してました。ノミの中で最小で、最強の部類らしいです。好発部位である足に寄生しているのを子供たちが見つけてくれました。アフリカでは、みなさん靴下を履きましょう。

#生存確認

ウガンダ33日目 9/17 (晴れ)

 今日は、7 時前くらいに起きた。午前中は、レポートを書いたり授業を受ける前の子供達のところに邪魔しに行って写真を撮ったり撮られたりした。7 歳の英語の授業で、私もわからないところがあり焦った。単語の問題だったのだが、やはり定期的にインプットしなければ忘れてしまう。男の子の1人は9時近くまで寝ていたので、先にもう1人の男の子とスラッシングをして待っていた。やはり、スラッシングは難しくて何度も地面を掘ってしまったりした。途中でレポートを書いたり、赤ちゃんとともに寝たりして休憩した。スラッシングが終わった後は、キャッサバを掘りに行った。ここで、私は初めてのキャッサバ堀を体験させてもらった。見ているだけだと簡単そうに見えていたのだが、実際にやってみるととても難しく何回もキャッサバを傷つけてしまった。昼過ぎにご飯を食べている時、昨日怒こった男の子がこっちに近づいて来たので、sorry と言わせてからいっぱい甘えさせて抱きしめてあげた。そこから、一緒にどっか行こうと言われ木を切りに行った。しかし、そこで問題が生じた。木を切っているのを待っている時 に、足元にアリの大群がいたのだ。小さいから問題ないだろうと思っていたら、ヒアリのようなアリが足に10匹ほどついていて靴下の上から潜り込もうとして来た。ぱっと見、ヒアリだったので足元につい ていたのは全部殺し、付近にいたのも殺した。日本では、考えられな いことがウガンダでは当たり前に起きていて、また子供達はそこらへ んを素足で歩いている。なにがあるかわからないから本当に怖い。ヒアリの恐怖から解き放れたあとは、KCV にきた日本人がやっている名前と電話番号、メールアドレスを日の丸の周りに書くということをし た。先人たちがすでに書いてある日の丸の周りを埋めていたので、私 は新たに日の丸を書いた。そこで、10 年ぶりくらいにコンパスを使っ た。コンパスにさす鉛筆の長さは、針に合わせることなど久しぶりすぎて忘れていた。また、普段円を書くときは、フリーで書いていたので新鮮だった。コンパスで日の丸を書いた後は、そこの周辺に女の子が文字を書きたいというので書いてもらった。色々想定外なことを書かれたがこれもまた一興ということで、先人の真似をするわけでなく自分流の私がきた痕跡を残すことにした。4 時過ぎになって、 チャムカマに行った。男の子が周りの子供達に今日は、エチコマンドを作ると言っていたらしくその材料を買いに行った。材料は、小麦粉、トマト、カレーパウダー、豆だ。全部で 10000UGX だったので 300 円だ。また、再びビールを買いに行った。先日、お釣りをわざわざ返しにきたお店の人のところだ。そこは、友人の母のお店の隣だった。KCV に帰って来てからは、すぐにエチコマンドを作ろうと思ったのだが、まさかの先日1L も買って来た油をすでに使い果したと女の子が言い出したのだ。そのため、油を再び買いに行ってもらった。日が暮れてくると、3 人の女の子たちが学校から帰って来てその際に日本から持って来た無印のボールペンをあげた。日本製を選んで持って来たのはこだわりだ。チャパティづくりが始まる前までは、1 人で ブランコに乗り天の川の下で、ビールを飲んでいた。なんかエモかった。夜、ビール片手でブランコ乗っているっていう響きだけでも好き だ。彼女と一緒だったら完璧だったのに笑。9 時くらいに、油を買いに行った子供が帰って来たのでそこからチャパティづくりが始まった。今回は、油が少なかったので前回に比べあまり美味しくできなかった。そのため、チャパティづくりには油の多さが大切だということがわかった。チャパティを2、3枚作った後は、すぐにチャパティを刻み豆のスープのようなものをかけてエチコマンドを作ってくれた。 先日、Makondo で買ってもらって食べたものよりもはるかに美味しくてびっくりした。また、食料庫にあった卵を持って来てロレックスも 作ってくれた。今回は、卵に塩がなかったため味が薄く感じたが美味しかった。夜飯を食べた後だったので、たくさんはエチコマンドを食べられずに自分のものはほとんど子供達にあげた。夜は、今回のボランティアを通して医学部に行きたいという気持ちがやはり高まって来たため、センター試験を受けるために必要な書類の申請と2次試験の宿は押さえた。なぜ、ウガンダにいる間にやったかというと先日、センター試験を受けないでとても後悔する夢を見たからだ。多分、神から受験しろというお告げだと思い準備を始めた。結局、1時過ぎまでこの準備をしていた。今日も mother は帰ってこなかった。息子さんが入院しているらしく、しかも状態がかなり悪いそうだ。もしかしたら、mother に再び会うことなく 日本に帰るのかな?

 

https://www.instagram.com/p/B2hv4VInLbXcF4dIDiubeG2LiB50ypPE7mjTno0/

寮母さんが土曜日に出かけてから帰ってきません。そのため、子供たちと自由に過ごしています。今回は結局大きなプロジェクトを特にすることなく終わりそうです。3枚目は、ウガンダ料理のチコマンドです。チャパティに豆のスープをかけたような感じ。

#生存確認

#質問待ってます

ウガンダ32日目 9/16 (曇り→雨→晴れ)

 朝は 6 時前に起きたのに子供達は既にお祈りをしていた。年上ガールズたちが 7 時には KCV を出て学校に行くからだそうだ。午前中は、朝にパンを食べた後、ずっとパソコンでレポートを書いていた。雨が降っていたし、子供たちと外で遊ぶこともできなかったからだ。午後も夕方まで赤ちゃんと遊んだりしながらレポートを書いていた。また、 この時間を利用して撮った写真と動画を全て USB にコピーできた。夕方には、チャムカマに SNS 税を払いに行った。6000UGX だった。一ヶ 月払わないと SNS が使用停止になった。SNS 税は、1個のアカウント につき 1 日 200UGX だったはずなのだが、ツイッター、フェイスブッ ク、インスラグラム、ラインなどの SNS を使っていたのにも関わらず 6000UGXしか請求がなかった。また、SNS 税を払わずに Twitter、 Instagram、Facebook は止められていたのに LINE は大丈夫だった。これからも LINE だけだったら SNS 税は払わなくても大丈夫そうだ。帰ってきてから、再びチャムカマに戻り子供たち2人と KCV の子供達の食べるものの買い物をした。私は特にすることなく、子供達はmother からの電話をいろんな店で受けるような形だったので暇だった。そのため、待っている間は友人の母の店で時間を潰した。椅子に座らせてくれたり、友人の電話に出させたりしてもらった。また、オススメのお菓子を聞いたらミルクのクッキー見たいのをオススメしてくれてそれを買って、2 人にも分けてあげた。待っている間には、放し飼いの牛の大群も見ることができた。結局、私は何をするわけでもなくただチャムカマに来て、お菓子を買って食べて帰っただけだった。KCV に帰って来てからは、子供達と遊んだ。その時に、やんちゃボーイのジョナが金属のもので叩いて来たり、しまいにはボールを短距離から顔面にぶつけて来たりした。そのため、ジョナに怒った。しかし、毎度理解してくれないので今回はその後反省の色が出るまでずっと無視をし続けた。今日中には、反省の色が出なかったので無視をしたまま終わった。人は、無視をされるのが一番辛いと思うのでこの方法を用いた。本来のアフリカの文化では棒などで複数回ひっぱたくのが通常なのだが、私は暴力反対なので無視を使った。もちろ ん、子供がそれに気づいたら人一倍気にかけるつもりなのだが。 夜は味噌汁を飲み、心身満足した状態で夜を迎えた。

 

 

今日のインスタグラム

https://www.instagram.com/p/B2ejKGnHm54yiWQI-d78vhTEgyNiulvqP0L7Vs0/

ウガンダの学校は今日からスタート!明日は、英語で数学の授業をさせられそうです。孤児院にいるのも残り9日。全力で楽しんで帰りたいとおもいます

#生存確認

ウガンダ31日目 9/15 (晴れ→雨→曇り)

 今日は、教会に行くので 6 時すぎに起きようと思ったが 7 時前に起きてしまって焦ったところから始まった。n回目の教会は坂の上で相変わらず遠かった。ボーイズ組は作ってもらったキテンゲで、ガールズ組は買ってあげたスカートで教会に行った。みんなが着てくれて嬉しい。今日の教会はなぜかいつもより人が多く、教会から溢れていた。また、バイオリニストもいるし、コーラス軍団もいるし色々すごかった。途中で知らないおじさんがマイクを用い 1 人で歌っているときは、カオスだな〜と思ったが。教会の帰りは、キワンガラにロレックスを作るための買い物に行った。ロレックスは、チャパティに加えて卵、トマト、キャベツが必要だ。トマトは1個3円、キャベツは1個 30 円、卵は、一個 12 円だった。卵は、日本と値段はそれほど変わらないのかな?KCV に 帰ってからは、チャパティとロレックスを作った。相変わらず、キャベツの千切りのまな板なしは大変だ、、、。次は、まな板を持ってこよう。 2つの作り方は、後述する。ロレックスを 1 人で3個食べさせられたのはやばかった。今日だけで卵 6〜9 個くらい消費している気がする笑。 マジでウガ飯太る。ロレックスは多すぎたので年上組とシェアしながらなんとか食べ終えたが。昼飯の後は、赤ちゃんに 2 回小便をかけられながらあやしたりこのレポートを書いたりしている。夕方は、いつも通り水汲みに行った。今日は、子供同士遊びの延長で喧嘩をしてしまって大変だったが、みんないつも楽しそうしていてよかった。そこからは、疲れてしまったので赤ちゃんと遊んだりした。夜は、女の子たちがキャッサバのフライとポップコーンを作っていたのでそれをつまみ食いしながら時間を潰していた。キャッサバのフライは普通に美味しい。ポップコーンは、混ぜられるようなフライパンを用いないと混ぜるときに蓋を開けなきゃいけないので危険。つまみ食いしたのち、自分の部屋に戻り晩御飯を食べゆっくりしたのち炊事場に遊びに行ったらまた、スー ザンが何かを作っていた。蜂の巣を取って来て茹でていたのだ。中身 は、蜂の卵で蜜はなかった。茹でた後、食べるととてもとてもまずかった。子供たちも食べることができないほどのまずさだった。そのため、犬にあげると美味しそうに食べていた。そこから子供たちと謎のありの大発生に対してわちゃわちゃしながら過ごした。翌朝には、謎のありの大量発生は無くなっていたのだ が。夜は 11 時すぎに寝て翌朝に備えた。

 

https://www.instagram.com/p/B2dMhoEHfx8kSFSnZ00Y1aT2-v20906tfh-MGs0/

日曜日だったので朝から教会に行きました。普段は、ボロボロでいろいろな場所に穴が空いたり、裂けたりしている服を着ている子供たちですが教会に行く時はいつもより派手で綺麗な服を着て教会に向かいます。教会では全て現地語なので何を言っているのか分からない空間に2時間たったり座ったり握手したり拍手したりして過ごします。一通りのセレモニーが終わったら祭祀さんが結婚する人の紹介などいろんな紹介をして盛り上がってました。現地語なので何もわからないのですが。帰ってきてからは、ウガンダの郷土料理?であるロレックスを作りました。時計ではありません。チャパティと卵にトマトとキャベツを乗っけて完成です。そのあとに、エッグをローリングするのでローリングエッグス→ロレックスになったのではないでしょうか。

#生存確認

#質問待ってます

#孤児院出発まであと10日

ウガンダ30日目 9/14(晴れ)

 昨日、早く寝たためか 4 時過ぎくらいに一回目が覚めた。もちろん、 2度寝をしたが。次は 6 時過ぎに目が覚めゆっくり準備して 7 時過ぎ に外に出たらほとんどみんないなかった。教会にでも行ったのだろうか。そのため、KCVの写真を撮ってから部屋に戻りこのレポートを書い ている。日記だったら 30 分で1000文字程度かけるようになっていて感動しているところだ。朝ごはんを食べていると ICYE の長が KCV にきて mother と色々と話していた。レポートを書いていたら、女の子の2人が Makondoに行くというので一緒について行くことにした。これが、お腹を満たす旅になるとは想像しなかった。ポショの粉と油とトマトを買いに行くだけだったのだが、2人が前々から言っていたポークを食べたいということを今日も言っていたのでポークジョイントを買った。豚が店の前に吊るされていて(下には豚の頭、店の奥には生きた豚がいる)注文を受けてから重さを、天秤を用いて量る。今回は 500g 買った。これで3000UGX(90 円)だ。日本がいくらか知らないが多分日本より安い。注文を受け、カットし、重さを量ったのちは一口サイズにカットして油であげる。その後、スパイス(1000UGX)で味付けをして出してもらう。注文してから商品を受け取るまで 30〜40 分くらいだった。さすがウガンダ笑。受け取るまでの間、女の子の1人と 2 人でチャパティを作るための買い物をした。小麦粉、オニオン、油これだけでチャパティはできる。意外と楽にできるのだ。そして、買うものは買ってポークジョイントが完成するのを待って帰路に立った。帰りは、mother がカンパラに帰るのを見送った女の子の1人も一緒に帰った。4 人でポークジョイントと他の女の子の1人が買ってきたチャパティと豆が混ざったやつを食べながら帰った。前者は結構美味しかった。特に、スパイスが最高だ。後者は、普通に美味しいのだが、私はチャパティをそのまま食べたい派だ。帰ってから 30 分くらい休憩したのちは、ロジャと再びキワンガラ に行った。今回は、携帯のギガとビールを買いに行くのが目的だ。まず、 ギガを買いに行った。ギガは9GBで30000UGXだ。日本の格安Simよりは安い。*175#をダイヤルした画面を店員に渡して monthly の 9GB を買いたいということを言えば完了する。そしたら、店員が店のガラケーをいじって色々登録してくれれば 2 分くらいで終わる。最後に、私の容量は 9.00GB(その時、残りのギガ数があれば合算されたものが出る)と 出る。最後にお金を払って終了だ。次に、ビールを買った。初めは、容器がないと売れないと言っていたがなんだかんだで 1000UGX 多く払ったら売ってくれた。そこから、現地団体の長の奥さんの店で水を買い、その時に 500UGX と 1000UGX の水があることを知った。Masaka で安く買っていたのはこの 500UGX のタイプのもので、Makondo で買っていたもの は 1000UGX のタイプのものだった。単純に Makondo の方が物価は高いのかと思っていた。その後、ロジャの壊れた靴を直してもらった。足が不自由なおじさんが 500UG で直してくれた。靴を直す職人さんは至る 所にいて仕事は尽きない様子だった。ウガンダのものを大切にする精 神はすごく好きなところだ。おじさんは、はじめにジャパニ?と聞いてくれてマジ好こって感じだった。おじさんは、他の人の靴やロジャの靴を直している間に色々話しかけて来てくれた。話の大部分は、娘と結婚して日本に連れっててくれということだったが笑。他には、ビールをくれなど色々面白いおじさんで常に周りの人は笑っていた。また、ポショ の粉のおじさんが通って俺にビールおごってくれ!一緒に飲もうぜ! とか色々言ってくれて楽しかった。ウガンダの人たちは、優しくて心温かい人が多い。靴を直し終わった帰り道は、現地での友人がビールをくれと言って来たが明らかに未成年なの水を渡しといた。ウガンダには、 お酒を飲んではいけない年齢はないが 18 歳以上でないと身体に危険を及ぼすとラベルに書いてある。そこから最後に男の子の髪切りに行った。30 分くらいかけて綺麗に坊主にして、横にラインを入れて終了した。料金 は、1000UGX で安すぎではないか。心配になる。待っている間に店で瓶ビールを割ってしまった時は焦った。瓶を割ってしまったのでまた再び瓶ビールを買ってから KCV に戻った。帰ってからは、今日も今日とて豆を植えて、日本の友人と電話して、風呂に入って、飯を食いながらビールを 1 人で飲みながら Kindolで新海誠監督の映画を見ながら団欒していた。夜は、10 時すぎにはホットアイマスクをしながら寝た。

 

今日のインスタグラム

https://www.instagram.com/p/B2ZkOb0Hh-g3v_TXfMel-qRt9Ponrj8pdoYQN00/

今日は土曜日なので休みを貰っています。明日ロレックスを作るのでその材料を買いに行ったのと買い出し組でおやつとして味付けしてもらった豚肉500g(120円)や携帯の通信料9GB(900円)ビール500ml(120円)と安かったです~。孤児院の子供を散髪に連れてったら30円だったのでちゃんと商売成り立ってるか不安です。非黒人は、ウガンダではムズングと呼ばれます。その動画です。

#生存確認

#質問待ってます。

ウガンダ29日目 9/13(晴れ)

 今日は、早めに起きたがお祈りには参加しなかった。起きてからは、いつものように子供達に巡回して挨拶した。その後は、子供達の水汲みに後追いしに行き、動画を撮った。帰って来てからは朝飯を食べ、特に 豆まきをするわけでもなく、子供達と戯れて時間が過ぎて行った。 Mother に夢を書いてもらった。Mother は、いつもは自分の機嫌を優先で生きているけど心の底では子供達のことを考えているらしい。自分 が頑張らなければ、子供達は幸せにはなれないと考えているようだ。その後は、暇になったのでせっかく準備したデッサン用?のスケッチブ ックと 8B の極太の鉛筆を用いて KCV の様子を描いた。建物だけで精一 杯で草とか木とかまでかく余力が残っていなかった。描いている途中 には、子供が数人来て何してるのー?っていう感じで来てくれた。子供達が来ている時には、さすがに描けなかったが。また、途中には女の子の1人がどっかに行くというのでついて行った。行った先は、どこの誰が 所有しているかはわからない畑だった。そこで、マトケを調理するとき用のバナナの葉を調達した。葉を切った後に、葉の茎の部分を切って処理してから持ち帰るのだが、その処理が難しかった。自分は、1個もまともにできなかった。帰って来てからは、少しデッサンの続きをしたが まともなのは完成しなかった。やはり、高校 1 年生の時ぶりの美術は難しい..。絵を描いているときは、ずっと日光に当たっていたので体が疲れたらしく夕方は、2時間くらい昼寝をしてしまった。起きてからは 再び水汲みに行き、帰って来てからは4歳児の食事の空間に一緒に滞在し、その後さっきの女の子が取って来てくれたシュガーコーンを子供達 とシェアしながら食べた。男の子の1人が水汲みから戻って来たときに、私が彼にここら辺で一番高い場所に行きたいと行ったら電波塔がある場所まで連れて行ってくれた。そこで、陽が沈むのを見た。アフリカの大地に沈んで行く太陽は、日本で見る太陽とはまた違ったように見え た。帰りに巨大な蟻塚とともに写真を撮ったり、ご近所のママさんと会ってヤギを結んである紐を解かされたり、3歳児の男の子が犬に囲まれて動けなくな っていたり面白く楽しい時間を過ごせた。夜は、赤ちゃんのそばにずっといて戯れていた。夜は、昼の残りのコメを犬とシェアしながら食べた。 さらにマトケを出してくれたが、もちろん全部食べられるわけなく1 割くらいはちゃんと食べ、残りはボーイズ軍団にあげて今日の晩御飯を乗り切った。ご飯の後は、風呂に入り 10 時過ぎにはこのレポートを書くことなく寝てしまった。ホットアイマスクとともに。

 

今日のインスタグラム

https://www.instagram.com/p/B2W_i8KnOGUOQ9Uh3GX3SaZUhRNUVkPi03AGro0/

今日で日本を出発してから4週間!あっという間に過ぎました~アフリカの大地に沈む太陽はなんか気持ちいいですね。ひさしぶりに全力で叫びました。アボカドデカイです。こどもたちは、毎日どっかからアボカドを取ってきて食べてます。毎日水汲みです。朝6時過ぎ、夕方6時頃に1往復に1時間程度かけて何往復かしてます。2,3歳くらいから水汲みを手伝うようです。道のりは坂道で結構辛い。途中には、牛の糞も落ちてるし笑

#生存確認

#質問待ってます。

#孤児院生活残り12日

#ウガンダ生活残り14日

ウガンダ28日目 9/12(晴れ)

 今日は、教会に連れて行かれない時間の 7 時前に起きた。起きていつも通りの準備をしてから豆まきをした。今日は、午前中から耕す担当 だったので疲れた。途中で4歳の女の子が好きなバッタが5匹程度取れたので持って行ってあげてから炊事場を開けてあげるところまでやった。 なぜ、この4歳児だけバッタを食べることが好きなのかは疑問なのだが。食べるときはいつも幸せそうな顔をしているので多分美味しいのだろう。最初に、羽をむしり取りそれを生で食べているときはさすがアフリカンと思ったが他にそのようなことをしている子供はいなかったので外れ値であろう。10 時くらいから 17 時くらいまではほとんど赤ちゃんの世話をしていた。寝かせるのは、ミルクを飲んでくれた後は簡単なのだがそうでないときはなかなか寝てくれない。特に遊び足りてないときは、こっちが先に疲れてしまう。子育てをしている人はマジですごい。これは、男も育児休暇をとって大変さを味わうべきだ。途中でキャッサバを取りに行ったりして、キャッサバの削りカスを投げ合ったりしながら遊んだ。夜は、また女の子の豆まきを手伝った。夜ご飯は、昼の残りのライスにキャッサバの茹でたのを食べた。スープが欲しかっ たぁ..。夜ご飯を炊事場で食べていたら、子供達への配膳が行われた。 Mother が子供達にとってあげるのだが、キリスト教の決まりなのかわからないが、いちいち膝を落として受け取らなければいけないらしい。なんか色々大変だなと感じた。子供は、一列で並んで待っているし mother はつまみ食いしながら適当に配膳しているし、これは子供達が mother に甘えられる訳ないと思った。私がここの孤児院に来て寄付より愛情を与える、子供達に全力で甘えさせてあげるという目標は、間違っていなかったようだ。ご飯は相変わらず多いので子供達と犬に与え、飯の後はボーイズの部屋で一緒に喋りながら動画を撮って遊んだ。子供達は、ダンスが好きなんだなあと印象。夜は疲れてしまったので、早めに子供達と別れ 9 時過ぎくらいからこのレポートを書いている。今日の mother は、私の母親が ICYE のスタッフのために用意したお土産を勝手に破ってしま うということをした。また、自分の靴下を何も言わないで履いていた。何も言わないで勝手に人の金で買ったり、人のものを使ったり、破ったりするのはやめてほしいなぁ。これは、そうゆうアフリカの文化なのか?自分のものは、自分のもの。人のものも自分のもの。てきな。子供達のために何かをしてあげるのはいいが、金をもらって働いている mother のために無償で何かをしてあげるというか、勝手にしなければ ならないのはおかしくないか。これでは、子供達が可哀想だ。また、 mother は機嫌をすぐ態度に出す。子供達には、関係ないのでうまく切り抜けようと思う。夜のお祈りも今日もないがこれも mother の機嫌によるものなので 子供達も予定がつけられず大変だなぁ。常にボランティア生などの子供達が他に頼れる存在が必要だ。今日は、疲れて愚痴も書いてしまった のでここも疲れている証拠なので早めに寝ます。

 

今日のインスタグラム

畑を耕し、赤ちゃんの世話をして、また畑を耕し、赤ちゃんの世話をして一日が終わりました。子育て大変ですね。昨日は寝かしつけてる時に先に寝てしまったのでその反省を活かしました。2枚目は、バッタを食べてる4歳児です。みんながみんな食べてるわけではないです。この子だけです。3枚目は、今日の赤ちゃんです。2週間後には首都カンパラにいるはずです。(スタッフがちゃんと迎えに来てくれれば)

#生存確認

#質問待ってます。

ウガンダ27日目 9/11(晴れ)

 昨晩が早かったこともあり、今日は 6 時過ぎに起床した。そうしたら、mother に目をつけられて一緒に教会に行くことになった。教会は、 先日と同じ丘の上の教会だ。教会まで行く途中の道は、涼しいと言うか陽も出てなかったので寒かった。森林部分では、雲海のようになっていて見ていて気持ちよかった。雲海を見ながら歩いていたら糞を踏みそうになった。その時思いついた親父ギャグが、「雲海(unkai)を見ていたら何か踏んだ(hunda)。糞かい!(hunkai)or 糞だ!(hunda)」です。すいませんでした。教会に着く頃には、坂道も登ったため汗をかいていた。教会につくと日曜日の 4〜5 分の 1 程度の少人数しか来ていなかった。畑仕事のないお年寄りや sister などが中心だった。平日の毎朝の礼拝は 7 時からで 30 分間というのがカンパラなどでも同様に決められて行われているらしい。礼拝から帰る時、陽が出ていて雲海が綺麗に見えてよかった。帰る時は、チャムカマに散歩しに行って Ronald に会った。来週の 16 日から学校でカンパラに戻るらしい。そして、また私立の学校に行っている現地団体の長の子供も畑仕事をしていたのでお金があるからと行って畑仕事を行わない訳ではないのだ。話していたら、月曜日に約束をブッチしたことを怒られた。すまない。 お腹が減ったので孤児院に帰って朝飯のパンを食べた。そのパンには、なんとゴマがついていたのだ!まさかウガンダでゴマを見られるとは!と感動した。帰ってきてからは、メインの農場に豆をまいた。今日も今日とて豆まきです。来週から子供達は、学校 が始まってしまうのでそれまでには大体の方を付けなければなりませ ん。1 時間ほどやったら今日の午前中の豆まきは終わった。その後、3 歳児、4歳児と戯れてから赤ちゃんの寝かしつけをした。その時、私も 朝から疲れていたからだろうか、赤ちゃんが寝る前に寝落ちしてしま った。すまない、パシコ。起きたら、ちゃんと寝ていたので良しとしよ う。起きたらちょうどのタイミングで昼ごはんが運ばれてきた。今日は、タッパから溢れるくらいのコメだけがよそわれていたので、見た瞬間に全て食べるのを飽きらめた。午後は、炊事場に入り浸りキャベツをまな板なしに千切りする方法を教わったり、玉ねぎの皮をむいたり、キャベツを炒め、トマトを潰し何かを作った。その後は、子供達に名前、 年齢、将来の夢を紙に書いてもらった。女の子は、sister になりたい子が多い印象を受けた。やはり、キリスト教の文化だからだろうか。もちろん、youtuber などと書いた子は 1 人もいなかった。その後は、疲れていたので夕方のお祈りの時間もこのレポートを書いていた。夕方の休息後は、女の子 3 人組が学校から帰ってきていて、豆まきをしていたので手伝った。それが大変だった。午前中はただ豆を蒔けばよかったのだが、今回は女の子の1人が先日の病院の際に左手に注射をしてその時につけた容器のようなものがまだ残っているので鍬を使えなかった。 そのため、私が代わりにやった。2時間くらいだろうか、穴を100〜200 は少なくとも掘っただろう。メイズを埋めた場所に足を滑らしたり、間違えてメイズのところを再び掘ったりしながらも楽しく豆まきができ た。途中で女の子の1人が揚げキャッサバを持ってきてくれてエネルギーを回復させたりした。揚げキャッサバは、スモークキャッサバに少し及ばなかったが美味しかった。豆まきが終わったら疲れ切ってしまったので、風呂(桶のお湯での水浴び)に入りご飯を食べ、残りをいつも通り子供にあげて、このレポートを書い ている。今日も疲れ切ったのでもうそろそろ寝てしまうことだろう。

 

今日のインスタグラム

https://www.instagram.com/p/B2Rx52FnWF7NPJRy_ldNeAbt8px6P9yqsFxpi80/

あと、2週間でここの孤児院からお別れです。来週から子供たちは学校が始まります。全力で接することが出来るのは今週までかな〜朝から教会に行ってきました。たぶん5回目。現地語で進めているので何もわかりません。坂の上にあるのでいいダイエットになります。教会に行く途中、森林が雲海みたいになってました。ウガンダの標高が1200mくらいだからでしょうか。雲海を見てたら何かを踏んだ。糞だ!ってなるくらい牛の糞は落ちてます。隣の国ルワンダでは、牛のふんでアートのイミゴンゴを作っています。興味があったらぜひ検索を!!

#生存確認

#質問待ってます。

ウガンダ26日目 9/10 (曇り→晴れ→雨→晴れ)

 今日も 7 時過ぎに起きて、その時間にはすでにお祈りは終わっていた。明日は久しぶりに出てみようかな..。起きたらすでにポップコーン がおかれていた。これは、今日は朝飯ないパターンのやつだと思って朝はパンを食べた。この判断を見誤るとそのあとに再び朝ごはんを食べなければならないという苦行が待っている。午前中は、豆まきの続きをした。10kg 買ったから撒いても撒いてもなくならない。どうか美味しい豆が無事できますように。そして、次のタームにまく豆を食べてしまいませんように。午前は撒くだけ撒いて終了した。そしたら、お昼頃に先日 Masakaで頼んでいたシャツが完成して知らないおじさんが届けてくれた。郵送料は 1500UGX(45 円)だった。いつも一緒に畑を耕しているボーイズ組にプレゼントするととても喜んでもらえた。3 人お揃いのキテンゲ で作った世界に唯一無二のシャツの完成だ!寄付とは、日常的生活に 必要な生活必需品を買ってあげるのではなく、このように普通に生活 していては起き得ない非日常体験をさせてあげる方が子供達のためになるのではないかと思った。詳しくは、後述する。午後は、疲れたので 昼寝から始まり、途中子供に起こされて一緒にパシコの子守をしたりした。また、おやつタイムではジャックフルーツをみんな食べていて私にもくれたが完熟していたので苦手だったので3歳児の男の子にあげた。そのとき、子供達は鶏をさばいていた。KCV で飼っているやつだ。先日食べた鶏も KCV だったのか。いつも見ているものを平気で捌く子供あっぱれ。自分には、多分できない。その後、爪を切りながら日向ぼっこをした。そして、夕方のお祈りの時間にこのレポートを書いている。ようやく貯め続けた日記もやっと当日に戻りました。お祈りの後は、水汲みに行き、帰って来てから早めの夕食をとりながら 15 歳、 16 歳ガールズたちの理科の教科書を借り写真をとった。教科書で日本と大きく違うと感じ点は、HIV の取り扱いと人間の体の扱い方だ。特に 子宮などが日本のよりも詳しく、日本では高校の保険体育で習うコンドームの使い方が中学生年代の子供達の教科書に乗っていたことだ。 それだけ、HIV の蔓延は国としても対策しなければならない分野であるということだろう。もしくは、日本が遅れすぎているだけなのかもしれないが。他には、農業分野が詳しかった。鳥の卵の中での様子や生活水の水の取り方など、日本では身近ではなくウガンダでは身近なことが 教科書で手厚く取り扱われていた。現在の日本の中学生の教科書がどのようなのかは詳しくは知らないが、人体についてや農業については これほど手厚くは扱われていないだろう。また、夕食については昼に子供達がさばいていたチキンを食べた。今日は、限界的な硬さでなかったため比較的食べやすかった。食べ終わった後の骨を犬に与えたらバリバリ噛んでいてまじやべえ。あれで噛まれたら一発で骨折れるくらい の顎をしていた。これからも餌付けして丁重に扱おうと思った瞬間だ。 夜は、チャパティを食べてから 11 時前には寝た。

 

今日のインスタグラム

先日、ウガンダの2番目に大きい都市Masakaに行った時に頼んだシャツが出来上がりました~!布は2m×6mを50000UGX(1500円)で買い、オーダー代は3つで45000UGXでした!1着1000円以内でシャツのオーダーができちゃうウガンダ最高!午後には、子供たちがここの孤児院で飼ってる鶏を絞めてました。写真撮ったのですが、ここに載っけるのはあれなので載っけません。1枚目の自分の左が16歳で右が14歳です。前髪は、だれか救ってください。

#生存確認

#質問待ってます。

#鶏を目の前にして鶏の声を聞きながら食べる鶏

ウガンダ25日目 9/9(晴れ時々曇り)

 今日も 7 時過ぎくらいに起きて、私の準備が終わった頃にはお祈りも終わっていたし子供達も騒がしくなっていた。朝からトウモロコシ の種まきと肥料(鶏のフンなど)をまき、カバーリングをして農薬を撒く作業をした。今日の作業は、いつもより範囲が広く大変だった。今日だけでもトウモロコシの種を 1000 個近く投げたので、もはやトウモロ コシ撒きの達人の領域くらいだ。午後に、農薬を撒いた。これは、先日も記述したように壊れるし、濡れるしで大変な作業だ。自分がやっている時に、二回目の故障をした時に男の子が”I can help you”と言っ て助けてくれた。その後は、炊事場に入り浸って昼ごはんや晩御飯を作るのを手伝っていた。その時に、今まで気になっていたスープの色がやばい理由がわかった。スープには、ナッツを砕いてペースト状にしたやつを使っていたので茶色い色になっていたのだ。それに、小魚(現地の子供は、river fish と呼んでいた。)の煮干しのようなものを入れていたのでさらに限界のような色をしていたのだ。また、ポショを作るのをやったが 20 人分のポショは量が多くて混ぜるのがとても大変だ。全然 スムーズにいかない。しかし、いつも炊事をしている 14 歳の女の子は、難なくこなしてしまう。おったまげだ。炊事をしている時に、ユニセフについて聞いてみた。ユニセフについては、詳しくは知らないけど ユニセフのノートは持っている。しかし、それは地元の学校で配られたものではなくて mother がカンパラから持って来たものだ、ということだ。学校では、いっさいユニセフ関係のことは行われていないそうだ。 夕方には、久しぶりのお祈りをした。もちろん、お祈りは何を言っているかわからないので、2 時間のただただ耐える時間なのだが。今日は、 パシコがお祈り中に起きていたので、お祈り中あやしながら時間を過ごすことができたので良かったが。ちなみに夕方のお祈り中は、畑仕事に疲れ切っていた boys は、爆睡をしていた。お祈りの後は、子供達と現地の民族楽器のようなものを叩いて遊んだり踊ったりして時間を過 ごした。また、ラジオを聞いている時に「日本では、90 棟の家が崩壊 し、何人かが病院送りになった」と伝えられたので、同時刻で日本に起 こっていた台風の凄まじさを知った。夜は、最近自分の中で流行っている外でご飯を食べること。この時に、子供だけでなく犬も寄ってくるようになったので普段餌付けしていることがバレそう笑。せめて、mother がいない時に来てくれと思った。子供たちは、本当に携帯が好きで私が 携帯をいじっていたらすぐにphoto meやplease simなど行って来てすぐに携帯を取られてしまう。そしたら、もれなく回線を使った動画を 見られてしまうので、容量が消費されてしまうのが難点だが。しかし、 今夜はそれがメリットとなった。ツイッター上でウガンダで活躍している人のウガンダでの写真や動画を子供達に見せてあげることができ た。また、難民についての動画も見せることができたので難民についても聞けた。事前の情報通りやはり Makondo や Masaka では難民は多く入って来ているらしい。Kampara でも難民はやはり多いらしい。主にコンゴや南スーダンなどの国からくるらしい。また、子供たちの学校にも難民の子供が少ない数ではないくらいいるらしい。そんなことも聞けたので良いツイッター閲覧となった。夜のお祈りの時間は、2日遅れで書いていたこのレポートの日記を書いていた。(寝落ちしながらも。)お祈りが終わったタイミングでは完全に寝落ちしていたので子供に笑われながら起こされた。終わったあとも、少しこのレポートを書き、mother と難民の話を少しして早く寝て明日の朝に続きをやりなさいと言われながらレポートを書いていた。部屋に帰ってからは、すぐに寝落ちしました。

 

今日のインスタグラム

3ヶ月の子供です。日に日にできることが増えて超可愛いです。トウモロコシがここの主な作物で、今は植える時期なのでトウモロコシの種をこっちに来てから1000個近く投げてます。ウガンダのラジオニュースでも日本の台風についてやってました。90棟が壊れ数名が病院に運ばれたと。ウガンダでもニュースをやるくらい酷かった台風みなさん大丈夫でしたか?

#生存確認

#質問待ってます